グラビアアイドル【ヒストリー】黎明期からAmazonイメージDVD規制までを簡単まとめ

グラビアアイドルの歴史を簡単にまとめてみました。

グラビアアイドル第1号って誰なんだろ?!

1970年前半「スター誕生!」放送が開始され山口百恵、ピンクレディー、中森明菜など
人気アイドルが輩出されるようになり新人歌手が人気を獲得するプロモーションの一環として
「平凡パンチ」「週刊プレイボーイ」などの雑誌で水着グラビアを披露していた時代に
ハワイ出身のアグネス・ラムが登場し日本のグラビアアイドルの歴史は始まる!!

lum10281970年代後半活躍したアグネス・ラム

グラビアアイドルというジャンルが成立するまで

1984年、堀江しのぶがデビュー。グラビアで人気を獲得すると
バラエティー番組やドラマ、映画へと活動の幅を拡げ
現在の「グラドル→マルチタレント」という流れの基礎を築いたが
1988年9月に胃癌により23歳の若さで急逝。

堀江しのぶを売り出すために作ったと語る野田義治が率いるイエローキャブは
かとうれいこ、細川ふみえなどの活躍でグラビア界で地位を確立したが
当時は「グラビアアイドル」という言葉は定着しておらず
「セクシーアイドル」と呼ばれていた。

グラビアアイドルというジャンルが成立したのは
94年に登場した雛形あきこからで元祖・グラドルといわれている。

hinagata1028 “雛ポーズ”で大ブレイクの雛形あきこ

グラビアアイドル全盛期を迎える2000年代 着エロ、過激ジュニア登場!!

ほしのあき、MEGUMI、熊田曜子、安めぐみ、森下千里、優木まおみ、佐藤江梨子
井上和香、眞鍋かをり、安田美沙子など数々のグラビアアイドルが成功を収める。

グラビアアイドルでの活躍は20代中盤が限界とされていたが
黄金期を作り上げた彼女たちの多くがアラサー世代になっても現役続行し活躍したこともあり
現在では杉原杏璃、中村静香、川村ゆきえなどアラサーグラビアアイドルが活躍中である。

aki1028“元祖アラサーグラビアアイドル”

グラビアアイドル界は巨乳系、癒し系などが主流であったが
2002年辺りから着衣状態で限界ギリギリまで肌を露出し
手ブラやTバックなど過激な演出の「着エロ」が登場!!
インリン・オブ・ジョイトイが“M字開脚”などで知名度を上げた。

inrin1028“M字開脚”インリン・オブ・ジョイトイ

更に2005年に入りると着エロは低年齢層まで波及して
仲村みうに代表される過激ジュニアアイドルブームへと繋がる。

miu1028“元祖過激ジュニアアイドル”仲村みう

AmazonイメージDVD規制で危機感を抱くグラビアアイドルたち

2010年代はAKB48のメンバーが雑誌の表紙独占する状態と
出版大不況と重なりグラビアアイドル受難の時代となる。

そして、2016年3月「アマゾンジャパン」がイメージDVD規制かける。
イメージDVDを取り扱うメーカーが2月初頭に集められて
突然、アマゾンの基準をクリアしない新作DVDは販売中止が通達された。

今後は「日本映像ソフト協会」に所属するメーカーか
アマゾン側が指定した大手芸能事務所に所属するタレント以外では
イメージDVDをアマゾンから出すことは出来なくなる。

※大手芸能事務所リストとは
バーニング、ケイダッシュ、アミューズ、ジャニーズ事務所、AKS、エイベックス
オスカープロモーション、スターダストプロモーション、 ライジングプロモーション
東宝芸能、ホリプロ、ワタナベエンターテイメントの合計12社。

混乱するグラビアアイドル業界・・

グラドル自画撮り部部長・倉持由香が「グラドル界」を革新する!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加